Takizawa ham

製品情報サイト

とちぎが生んだ
美しい豚肉

桜山豚オーシャントン

桜山豚のしゃぶしゃぶ

美味しいサシに、淡い桜色の肉色。口に含めば舌先でさらりと上質な脂が溶け出し、きめ細やかな繊維でやわらかいのに噛むほど旨みが広がります。
それもそのはず。桜山豚(オーシャントン)は、豊かな縁と水に恵まれた塩郡(塩谷郡須)丘陵地で育つ、とちぎが誇る国産ブランド豚です。
通常、ブランド豚はロースやヒレなど主要部位でのみ銘柄を謳うのですが、桜山豚は違います。隅までおいしいのは、質が良く、本当に自信がある証拠。
ぜひ一度、あなたの目と舌で美味しい豚肉をご堪能ください。

桜山豚の美味しさの秘密

品種

品種

桜山豚は、上質でさらりとした脂を持つ梅山豚、良質な赤身のケンポロー、肉の繊雛がきめ細かくやわらかい肉質のパークシャーを掛け合わせています。
旨み成分のグルタミン酸と、さらりと口当たりのいい脂肪分のオレイン酸を多く含むことからも、味わいの違いは明らかです。

環境

環境

味の決め手となるのは、 何と言っても大きくなるまでの環境です。豚は繊細な生き物で、ちょっとした病気やストレスで美味しさに大きく影響してきます。桜山豚はウィンドレス豚舎(室内空調システム)を導入する他、徹底した衛生管理や、こだわり抜いた飼育で、すこやかにそしてストレスフリーな飼育環境を整えています。

生産

生産

桜山豚を手しおにかけて育てているのは、寺内農牧さん。最新の設備により豚舎内の空調管理を行い、ご近所の方への臭い対策にも配慮しながら、美味しい豚づくりに日々励んでいます。
豚にとって快適な環境を整備し、病気への徹底した配慮によって、おいしさと安心・安全をお届けしています。

桜山豚

TOP PAGE